50過ぎたら何をやろうか

50過ぎてから何ができるのか、いろんな体験をしてみます。

5月19日 荒川SR2回目

今日のゲリラ豪雨すごかったですね💦


f:id:ru-re306:20170605225832j:plain



さて、先日に引き続き荒川SRの話です。


最初の荒川SRは時間の関係もあり、往復20キロぐらいでした。


この日はもう少し先まで行こうかな、ということで…



倍ぐらい走ってみました。



途中綺麗なポピーが咲いていたり、


f:id:ru-re306:20170605230110j:plain



風が心地よかったので途中の木陰で昼寝してみたり…



f:id:ru-re306:20170605230226j:plain



のんびりとポタリングしてみました。


この日もロードバイクを眺めながら…デローザ欲しいなぁ…なんて


贅沢な願望を…



無理です😅


荒川サイクリングロード

この前、初めて荒川SRを走ってみました。

 

 

f:id:ru-re306:20170604111749j:image

 

f:id:ru-re306:20170604111832j:image

 

f:id:ru-re306:20170604111905j:image

 

f:id:ru-re306:20170604111935j:image

 

平日だったせいか、あまり走っている人は多くなかったです。

 

でも、走っている人のほとんどはかっこいいロードバイク

 

 

欲しくなっちゃいますね。

初輪行

本日、御墓参りも兼ねて初輪行して来ました。

 

途中

 

f:id:ru-re306:20170312222849j:image

 

休み休み写真を撮りながら

 

f:id:ru-re306:20170312222936j:image

 

のんびりと

 

f:id:ru-re306:20170312223003j:image

 

行くはずでしたが

 

特急小江戸号に乗り

 

目的地へ

 

 

f:id:ru-re306:20170312223121j:image

 

帰りは全行程50キロを走って帰って来ました。

 

なかなか疲れました。

次回はまた輪行で帰ります。

折り畳み自転車を買う人〜その2〜

f:id:ru-re306:20170224213525j:image

 

ternの中でもverge X11は別格です。

黒いボディにブルーのラインが凄くいい。

 

verge P10もカスタムすれば同じ感じになる。

 

でも、ともに10万超。X11なんて20万超。

 

無理だよなぁ…ってことで、D9に。

 

妥協したって感じなんですが、買ってみたらこのD9、なかなかステキで気に入ってしまいました。

 

カラーもブラックにレッドのラインがキレイで、これはこれでありだな、と。

 

今ではすっかり虜になっています。

 

 

f:id:ru-re306:20170224222026j:image

 神社やお寺回りで御朱印を集めたり、もう少ししたら、輪行で鎌倉や湘南方面まで足を伸ばしたい。

 

楽しみが広がりました。

折り畳み自転車を買う人〜その1

私が折り畳み自転車を買った理由

・マンションの自転車置き場に置けない。

・必然的に玄関先か部屋置きになる。

・新車を外に置きたくない。

・てことは、部屋置き。

・置くスペースが限られている。

・折り畳み以外にはありえない。

 

そういう理由からです。

 

元々は屋内の自転車置き場に置くつもりだったので、クロスバイクを買うつもりでした。

今までの自転車より車体が軽く軽快に走れ、ロードバイクほど本格的ではないもの、それがクロスバイクを選択する理由でした。

 

しかし、置き場が変わったことでクロスバイクから折り畳み自転車へと選択が変わり、しかし、要求する点はそのままということで、探し始めたわけです。

 

折り畳み自転車はもともと軽いし、軽快では?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

私が今まで乗っていた自転車は、折り畳みができる26インチの自転車でした。フロントサスやシート下にもサスがあり、タイヤが太くマウンテンバイクに近いものです。

 

恐らく車体の重さは20キロほど。スピードもイマイチ。とても軽快に走れるものではありませんでした。折りたためば車には積めますが、とても輪行できる重さではありません。

 

ですから、本格的な折り畳み自転車を、初めて買おうと思った訳です。

 

当然、ネットでいろいろ調べました。ダホンやブロンプトン、db1、その他様々な折り畳み自転車がありました。

 

まず、値段は重要です。家族がいますから、自分のために使える金額は限られます。まず、高すぎるブロンプトンが脱落しました。db1はスタイリングが気に入らず、その他の様々な折り畳み自転車もスタイリングで惹かれるものがありませんでした。

 

そんな中で、まずダホンのmuのスタイリングに惹かれました。もちろん価格が無理でしたが、こんな感じのがいいなぁ、と漠然と思った訳です。そこで、ダホンの廉価版を探していくうちに、ヴィスク エボがギリギリ出せる範囲でスタイリングも気に入った1台になりました。

 

曲線が好きだったので、ストレートフレームは候補から外しました。

ただ色が…。気に入らないというか、あまり好きではなかった。なので、悩みました。そのうちに、ダホンから別れたternというメーカーを知った訳です。

 

 

 

 

 

 

 

脚力なし

1日置いて、夜に少し乗ってみました。うちの近所は橋が非常に多いのですが、橋の上り下りも意外にキツイ。

 

というより、足の筋肉が衰えすぎです。

少しずつ続けて乗って、腿の筋肉を鍛えていく以外にはないでしょう。

 

今日は10キロ程度でしたが、片道30キロぐらいは余裕で往復できるぐらいにならないと。

 

頑張ります。